実は「潰した」ことがあります…ハンドボールスクール経営失敗3選!

ハンドボールクラブやスクールを始めようと強い決意で思われた方でも、
「失敗したらどうしよう…」
と不安になることもあると思います。

ですが、安心してください!

私自身はもうすでに何度も失敗してきて、失敗のプロです!笑

ですが、新規事業なんて9割失敗するのが当たり前と言われています!
大事なことは、なぜ失敗するのか、失敗したのか考えて秒速で改善することです。

そこで、今回は私がやらかしてしまった失敗をご紹介するので、みなさんは同じ失敗をしないように学んでくださいね!

①教室を潰した

私は当初、「体育教室」「ハンドボール教室」「かけっこ教室」の3つの教室を同時に立ち上げてスタートしました。
わりと早い段階で体育教室とハンドボール教室は入会者が増えてきたのですが、かけっこ教室だけは全く増えませんでした。

その原因は「コンセプト」にありました。

体育教室とハンドボール教室→運動が苦手な子
かけっこ教室→何かスポーツをやっていてもっと速く走りたい子

以上のようなコンセプトだったため、クラブとしての方針がぶれていてしまっていたのです。
結果、チラシを作ったりSNSで発信してもターゲットがぼんやりしてしまっていたので、誰にも刺さらないメッセージになってしまっていました。

最終的に、このかけっこ教室は他のコースに吸収する形で閉鎖してしまいました。
(参加者の子どもは他のコースへ変更してもらい、とてもがんばっています)

②「ハンドボール」を売った

これは何度も話で出てきているかと思いますが、「ハンドボール」という競技を全面に出して売ってしまったことです。

基本、ハンドボールというスポーツは親が経験者ではない限り、テレビなどで目にしたり耳にしたりするスポーツではありません。
そして、人は知らないものや知らない人にはお金を払うことはありません。
なので、いくらハンドボールが素晴らしいスポーツでも、「ハンドボール」を売ってしまうと誰からも反応がないという状況になります。

ハンドボール教室を始めたときは近所の子どもたちが入会してくれたので良かったのですが、秋の体験会を行おうとしたときに、私はその過ちを犯してしまいました。
結果、まったく体験者が集まらずに、体験会を中止にせざるを得ませんでした。

しかし、「競技」ではなく、運動が苦手な子やその親の「悩み」に訴求したメッセージを打ち出したところ、体験会に参加してくださる方が増えて、10人以上入会してくださることになりました。

もしあのとき、そのまま競技を売り続けてしまっていたらともうとゾッとします汗

③いきなり売った

これはハンドボール教室ではなく体育教室の話になりますが、参考になると思うので最後まで読んでくださいね。

民間の体育教室の夏休みでは、よく「短期教室」を開催しています。

その短期教室をまねて、うちのクラブでも開催しようとしました。

しかし、コロナの影響もあり、あまり日程が取れなさそうになりました。
そこで、通常であれば

体験会告知→体験会→短期教室案内→短期教室

という流れを踏むのが王道ですが、今回は体験会を挟まずにいきなり短期教室を売ってしまいました。
そこには私自身の慢心もあり、「何人かは集まるだろう」と高を括っていました。

すると、見事に反応はゼロ!まさに撃沈です汗

会場代は他の日に変更できたので損失はゼロでしたが、中途半端に企画して告知して実行してしまい、信用が落ちたことは明白です。
一度信用が落ちれば、取り返すのに何倍もの苦労がかかります。

幸い、その後も体験者や入会者は続いているのですが、もう二度と同じ過ちは繰り返したくありません涙

まとめ

いかがでしょうか?

本当にいま思い返すと何であんなことしたのだろう?よくここまで続けてこられているなと思えるような失敗ばかりです。

昔、プロ野球でご活躍された野村監督はこうおっしゃっていました。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」

つまり、負けるのには必ず理由があるということです。
その理由を一つずつ潰していけば、自ずと成功していきます。

これからハンドボールスクール、クラブを始めようとしている方やハンドボールスクール、クラブの経営者の皆様は私のこの失敗をぜひ参考にしてお役立てくださいね!

今回の話でご質問がある方や他にこんな話が聞きたいという方は下のコメント欄からご連絡ください!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です